ebookjapanとRenta(レンタ)はどっちがおすすめ?重要な6つの項目で徹底比較

ebookjapanとRenta(レンタ)を比較 比較

ebookjapanとRenta(レンタ)をサービス選びで重要な6つの項目で比較しています。

ebookjapanとRenta(レンタ)は、どちらも電子書籍を扱っているサービスですがRenta(レンタ)はレンタル作品と無期限レンタル作品(購入)に分かれています。

電子書籍のレンタルができるのが大きな違いになります。

その他にも、様々な違いがあるので「どっちを使うか?」利用する前に詳しく知っておきたい人の参考になれば幸いです。

ebookjapanとRenta(レンタ)を重要6項目で比較しました!

1.新規キャンペーンで比較 新規会員登録キャンペーン・クーポンで比較しています。
2.品揃えで比較 取扱い冊数やジャンル、条件で比較しました
3.セール・キャンペーンで比較 定期的に開催されるセールやキャンペーンで比較しました
4.アプリ(機能)で比較 アプリや機能面で比較しました
5.決済方法で比較 決済方法の豊富さで比較しました
6.運営会社で比較 サービス終了可能性を運営会社の信頼性で比較しています

上記の6つの項目で、ebookjapanとRenta(レンタ)を比較してみました。知りたい項目からチェックできるように項目をクリックすれば飛べるようになっています。

1.ebookjapanとRenta(レンタ)を新規キャンペーンで比較!

サービス名 ebookjapan Renta(レンタ)
初回クーポン内容 70%OFFクーポン6枚
上限金額 1枚500円迄
上限冊数 なし
利用期限 60日間

まずは、初めての人が利用できるキャンペーンで比較してみました。
ebookjapan(イーブックジャパン)では、初めてログインするとアカウントに初回購入に使える70%OFFクーポンが自動的に追加されます。

この70%OFFクーポンは上限金額が500円迄となっていますが、60日間の有効期間内であれば6回まで繰り返し利用できるので実質3000円の割引になります。

また、ebookjapanには公式サイト以外にもYahoo!ショッピングにも公式ストアを出店していてYahoo!ショッピング版ebookjapanで購入した電子書籍もアカウントを同期すれば同じ本棚に収めることができます。

このYahoo!版ebookjapanでも初回購入に使えるクーポンが配布されています。
こちらは先着人数や期間限定なので必ず貰えるわけではありませんが、下記のように上限金額や上限冊数のないお得なクーポンが貰える可能性があります。

一方のRenta(レンタ)では、以前まで1冊だけ利用できる50%OFFクーポンがあったのですがこの記事を書いている時点では初めての人が利用できるキャンペーンなどはありませんでした。

そのため、新規キャンペーンで比較するとebookjapanが圧倒的にお得と言えるでしょう。

2.ebookjapanとRenta(レンタ)を品揃えでで比較!

※作品数は2023年1月時点に調べた内容です。

サービス名 ebookjapan Renta(レンタ)
取扱い冊数 85万冊以上 65万冊以上
漫画 10000タイトル以上 12万冊以上
雑誌 10000タイトル以上 1700冊以上
小説 10000タイトル以上 6万冊以上
ラノベ 10000タイトル以上 3500冊以上
大人向け 10000タイトル以上 約26000冊以上
BL/TL 10000タイトル以上 48000冊以上
無料作品 5000冊以上 3900冊以上

続いて品揃えですがebookjapan(イーブックジャパン)では、ジャンル検索をしても1000タイトル以上は表示されないのでジャンルごとの具体的な品揃えを調べることができませんでした。

ただ全体的な取扱い冊数を見るとebookjapanのほうが品揃えが豊富と言えるでしょう。
Renta(レンタ)では、自社が手掛ける「Rentaコミックス」というオリジナルのコミックレーベルがあります。

ジャンルは主に少年・少女・青年漫画が中心になりますが、SNSに表示される漫画広告にも出てきてそれ目当てでRenta(レンタ)を使っている人も多い印象です。

その他に、Renta(レンタ)では48時間レンタルできる「レンタル作品」が25万冊以上あってこれが大きな特徴となっています。

3.ebookjapanとRenta(レンタ)をセール・キャンペーンで比較!

ebookjapan Renta(レンタ)
曜日ごとにクーポン配布
金曜日はPayPayポイント還元(最大50%)
ポイント還元

この比較項目では、出版社・作品・作者限定の不定期開催されるセールやフェアではなく定期的に開催されていてお得に電子書籍が購入できるセールやキャンペーンを比較しています。

ebookjapan(イーブックジャパン)では、毎週曜日ごとに割引クーポンの配布やキャンペーンが開催されています

この中でも金曜日に開催されるPayPayのポイント還元キャンペーンがお得です。
PayPay残高支払いという条件がありますが、30%~最大50%還元になる時もあります。

ebookjapanを利用している人の多くが金曜日に電子書籍を購入しています。

一方のRenta(レンタ)では、不定期キャンペーンは開催されていますが、定期的なセールやキャンペーンは行われていません

定期的にお得に電子書籍を購入する場合は「会員ランクによるポイント還元&ギフトコードプレゼント」か「ポイントのオートチャージ」になります。

ただ、ポイント還元も最大で3%、ギフトコードは300ポイント、オートチャージは1万ポイントで500ポイントと還元率はかなり渋いです。

なので定期的に自分の読みたい電子書籍を購入したい人はebookjapanがおすすめです。

4.ebookjapanとRenta(レンタ)をアプリ(機能)で比較!

サービス名 ebookjapan Renta(レンタ)
本棚機能
ビューア機能
アプリから購入
スクショ ×
オフライン
複数端末同期 最大6台 ×
鍵付き本棚 ×

使いやすい・使いにくいに関しては、人それぞれのこだわりなどもあると思うので実際に無料試し読みを利用するなどして確認するのがおすすめです。

それ以外の機能面の特徴について比較してみました。
ebookjapanではスクショができないので私的利用で画像を保存しておきたいという人は別のサービスを選んだほうがいいでしょう。

Renta(レンタ)では複数端末でログインをすると片方の端末は自動でログアウトするようになっているので共有には向いていません

また、鍵付き本棚の機能がないので他人に見られたくない電子書籍を隠したい人には向いていません。

5.ebookjapanとRenta(レンタ)を決済方法で比較!

ebookjapan Renta(レンタ)
PayPay
クレジットカード
キャリア決済
ウェブマネー
ビットキャッシュ
クレジットカード
PayPay
キャリア決済
Yahoo! ウォレット
※PayPay残高がご利用いただけます。
WebMoney
ビットキャッシュ
Mobile Edy
Cyber Edy
PayPal
LINE Pay
Amazon Pay
コンビニ支払い
アプリ内課金

どちらのサービスも決済手段は豊富です。
ただ、ebookjapanの場合はPayPay残高払いが最もポイント還元がお得になるのでPayPayの利用は必須と言ってもいいでしょう。

なのでもしまだPayPayを使っていない人は、利用前にPayPayのアカウントを作成することをおすすめします。

Renta(レンタ)は「この決済方法が一番お得!」といったものがないので、あなたが普段利用している決済手段を利用しても特に問題はありません。

コンビニ支払いができるのでクレジットカードを持っていない人やネット決済が不安な人にはおすすめです。

6.ebookjapanとRenta(レンタ)を運営会社で比較!

サービス名 ebookjapan Renta(レンタ)
運営会社 株式会社イーブックイニシアティブジャパン 株式会社パピレス
設立 2000年 1995年
サービス開始 2000年 2007年
親(グループ)会社 ヤフー株式会社

電子書籍サービスを選ぶ時は、突然サービスが終了するリスクを回避するためにできるだけ運営元がしっかりしているサービスを選ぶのが良いとされています。

ebookjapanはヤフー系列の会社ですが、Renta(レンタ)は運営元の規模で比較すると劣ります。

ただ、レンタルを中心に利用する分にはどちらにしろレンタル期限があるのでそこまで心配する必要はないでしょう。

ebookjapanをおすすめの方はこんな人!

  • 安く電子書籍を購入して読みたい人
  • 品揃えの豊富さを重視する人
  • PayPayを使っている人
  • 数冊~20冊ぐらいの電子書籍を今すぐお得に読みたい人
  • まとめ買い・大人買いを考えている人(Yahoo!ショッピング版)

ebookjapanの公式サイトはこちら

Renta(レンタ)をおすすめの方はこんな人!

  • 電子書籍を購入ではなくレンタルしたい人
  • Rentaのオリジナルコミックに興味がある人
  • 少しずつでも無料で読み進めたい人

Renta(レンタ)の公式サイトはこちら

まとめ

ebookjapanとRenta(レンタ)を6つの項目で比較してみました。

両者の違いを簡単にまとめると、電子書籍を購入する人はebookjapan、レンタルだけしたい人はRenta(レンタ)を利用するのがおすすめです。

特徴がハッキリと異なる電子書籍サービスなので、使い分けるのもおすすめです。
電子書籍を購入する場合はebookjapanを使って買い集めて、レンタルして読みたい時はRenta(レンタ)を利用するのがいいでしょう。

一つ注意点としては、Renta(レンタ)では25万冊以上のレンタル対象作品がありますが、そのほとんどがマイナー作品で、世間で話題になるような人気漫画はレンタル対象外になります。

タイトルとURLをコピーしました