ebookjapanとマガポケはどっちがおすすめ?重要な6つの項目で徹底比較

ebookjapanとマガポケを比較 比較

ebookjapanとマガポケをサービス選びで重要な6つの項目で比較しています。

①新規キャンペーン
②品揃え
③定期的なセール・キャンペーン
④アプリ(機能)
⑤決済方法
⑥運営会社

ebookjapanとマガポケでは、どちらも電子書籍を購入して読むことができますがサービスにはどんな違いがあるのか?どっちのほうが自分に合っているのか?

利用する前に詳しく知っておきたい人の参考になれば幸いです。

ebookjapanとマガポケを重要6項目で比較しました!

1.新規キャンペーンで比較 新規会員登録キャンペーン・クーポンで比較しています。
2.品揃えで比較 取扱い冊数やジャンル、条件で比較しました
3.セール・キャンペーンで比較 定期的に開催されるセールやキャンペーンで比較しました
4.アプリ(機能)で比較 アプリや機能面で比較しました
5.決済方法で比較 決済方法の豊富さで比較しました
6.運営会社で比較 サービス終了可能性を運営会社の信頼性で比較しています

上記の6つの項目で、ebookjapanとマガポケを比較してみました。知りたい比較項目からチェックできるように比較項目をクリックすれば飛べるようになっています。

1.ebookjapanとマガポケを新規キャンペーンで比較!

サービス名 ebookjapan マガポケ
初回クーポン内容 70%OFFクーポン6枚
上限金額 1枚500円迄
上限冊数 なし
利用期限 60日間

まずは初回購入時に利用できる新規キャンペーンで比較しました。

ebookjapanでは、初めてログインする時に70%OFFクーポンが貰えます。

このクーポンは、割引上限金額が500円までですが60日間の有効期限内であれば6回まで繰り返し利用することができるので最大3000円の割引になります。

また、ebookjapanにはYahoo!ショッピングに出店している公式ストアもあってそちらでも初回割引クーポンをゲットすることができます。

現在は上限金額・上限冊数なしの70%OFFクーポンでかなりお得ですが、こちらは先着1万名様限定で2023年2月から3月末までは一時休止されてしまい、再開などは未定です。

なのでebookjapanを利用する人は念のためアカウントを作った後にYahoo!ショッピング版ebookjapanのサイトも確認しておくのがおすすめです。

ちなみにYahoo!ショッピング版のebookjapanで電子書籍を購入してもログイン時のYahoo!IDが同じであれば、どちらで購入しても同じ本棚に追加されます。

一方のマガポケは1話ずつ読み進める漫画アプリで、この記事を書いている時点では新規キャンペーンはありませんでした。

少年マガジンを始めとすると講談社の漫画雑誌を定期購読すると初月特典として有料エリアで利用できる200ポイントが貰えます。

2.ebookjapanとマガポケを品揃えで比較!

※作品数は2023年1月時点に調べた内容です。

サービス名 ebookjapan マガポケ
取扱い冊数 85万冊以上 800作品
ジャンル 少女・女性向けまんが
少年・青年向けまんが
TL(ティーンズラブ)
BL(ボーイズラブ)
ハーレクイン
ライトノベル(ラノベ)
文芸・ビジネス・実用
まんが雑誌
雑誌・グラビア
アダルト
異世界書店
アクション
サスペンス
異世界
恋愛
スポーツ
裏社会・ヤンキー
ドラマ
ファンタジー
日常

マガポケは講談社が運営する漫画アプリなので作品は全て講談社の作品になります。

なので全体的な品揃えとしてはebookjapanが圧倒的です。

一方でマガポケの特徴としては講談社の人気作品や過去の名作が無料で読めたり、作品ごとの単行本未収録話を1話読みで追える点です。

ebookjapanでも少年マガジンの電子書籍が読めますが、作品ごとの話売りはないので自分の読みたい作品の最新話だけ読みたい場合にはマガポケがおすすめです。

※マガポケでは講談社作品の全てが読めるわけではありません。ヤンマガやモーニングなど一部作品のみしか掲載されていない雑誌もあります。

マガポケには少年マガジンなどの定期購読もあって定期購読することで毎月1冊分安く読めるので毎週紙で買っている人はお得になります。

3.ebookjapanとマガポケをセール・キャンペーンで比較!

ebookjapan マガポケ
曜日ごとにクーポン配布
金曜日はPayPayポイント還元(最大50%)
定期購読

ebookjapanでは毎週各曜日ごとにキャンペーンや割引クーポンが配布されています。

この中でも金曜日に開催されるPayPayのポイント還元キャンペーンが最もお得で30%から最大で50%のポイント還元になるチャンスがあります。

ebookjapanのユーザーは大体金曜日を狙って電子書籍を購入している人が多いです。

その他にも出版社・ジャンル・作品限定のセールやフェアが常時100以上開催されていてタイミングが合えば読みたい作品が安く買えるチャンスもあります。

マガポケは定期的に開催されるセールやキャンペーンのようなものはありませんが、一部作品が無料開放されたり、有料作品を読むためのポイントが貯まるイベントがあります。

4.ebookjapanとマガポケをアプリ(機能)で比較!

サービス名 ebookjapan マガポケ
本棚機能
ビューア機能
アプリから購入
スクショ × ×
オフライン ×
複数端末同期 最大6台 最大3台
鍵付き本棚 ×

読みやすさや使いやすさは人それぞれにこだわりのポイントがあると思うので、無料作品の試し読みなどで実際に使ってみるのがおすすめです。

ebookjapanには、電子書籍サービスで唯一となる背表紙表示機能付きの本棚があってユーザーからの評判が良いです。

ebookjapanはスマホアプリから電子書籍の購入もできますが、割引クーポンが使えなかったりするのでブラウザ版から購入するのがおすすめです。

その他機能面の特徴で言うと、両者ともにスクショはできません。
また、マガポケはダウンロード機能がないので購入した作品をオフラインの環境で読むことができません。

また、鍵付きの本棚や他人に見られたくない作品を隠すような機能は現在のところありません。

5.ebookjapanとマガポケを決済方法で比較!

ebookjapan マガポケ
PayPay
クレジットカード
キャリア決済
ウェブマネー
ビットキャッシュ
クレジットカード
キャリア決済
アプリ内課金

決済方法はどちらも割とシンプルです。
ebookjapanで言えば、金曜日のPayPayポイント還元キャンペーンを利用して電子書籍を購入するのがお得なのでPayPayの利用は必須かなと思います。

もし、まだPayPayを使っていない人はebookjapanを利用する前にアカウントを作っておきましょう。

6.ebookjapanとマガポケを運営会社で比較!

サービス名 ebookjapan マガポケ
運営会社 株式会社イーブックイニシアティブジャパン 株式会社講談社
設立 2000年 1909年
サービス開始 2000年 2015年
親(グループ)会社 ヤフー株式会社

電子書籍サービスは、突然サービスが終了して購入した電子書籍が読めなくなるリスクを回避するために運営会社は安心できる企業がいいと言われますが、規模で言えばどちらも大きな会社なのでそこまで心配はいらないかなと思います。

ebookjapanをおすすめの方はこんな人!

  • 電子書籍を安く購入したい人
  • PayPayを使っている人
  • 他人に見られたくない本を隠して管理したい人
  • オフラインで電子書籍を読みたい人

ebookjapanの公式サイトはこちら

マガポケをおすすめの方はこんな人!

  • 講談社作品を無料で読みたい人
  • 少年マガジンなどのお得な定期購読がしたい人
  • 特定の連載作品最新話だけを読みたい人

マガポケの公式サイトはこちら

まとめ

ebookjapanとマガポケを6つの項目で比較してみました。

簡単にまとめると、ebookjapanとマガポケではそもそもの用途が違うかなと思います。
ebookjapanは普通に単行本の電子書籍を安く読みたい人向けの電子書籍サービスです。

一方のマガポケは講談社オリジナル作品や漫画雑誌の連載作品を無料で読んだり、タイトルごとにポイントを使って最新話を読むための漫画アプリといった感じです。

なのでどっちが良いか?ではなく、自分の用途に合ったほうが使えばいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました