ebookjapanとBookLive(ブックライブ)はどっちがおすすめ?重要な6つの項目で徹底比較

ebookjapanとBookLive(ブックライブ)を比較 比較

ebookjapanとBookLive(ブックライブ)をサービス選びで重要な6つの項目で比較しています。

ebookjapanとBookLive(ブックライブ)はどちらも人気の電子書籍サービスなので「どっちのほうが良いの?」と迷っている人も多いと思います。

実際にebookjapanとBookLive(ブックライブ)を6つの項目で比較したところ、どちらにも優れている部分や劣っている部分があることがわかりました。

ebookjapanとBookLive(ブックライブ)で、どっちにするか迷っている人の参考になれば幸いです。

ebookjapanとBookLive(ブックライブ)を重要6項目で比較しました!

1.新規キャンペーンで比較 新規会員登録キャンペーン・クーポンで比較しています。
2.品揃えで比較 取扱い冊数やジャンル、条件で比較しました
3.セール・キャンペーンで比較 定期的に開催されるセールやキャンペーンで比較しました
4.アプリ(機能)で比較 アプリや機能面で比較しました
5.決済方法で比較 決済方法の豊富さで比較しました
6.運営会社で比較 サービス終了可能性を運営会社の信頼性で比較しています

上記の6つの項目で、ebookjapanとBookLive(ブックライブ)を比較してみました。知りたい比較項目からチェックできるように項目をクリックすれば飛べるようになっています。

1.ebookjapanとBookLive(ブックライブ)を新規キャンペーンで比較!

サービス名 ebookjapan BookLive(ブックライブ)
初回クーポン内容 70%OFFクーポン6枚 50%OFFクーポン
上限金額 1枚500円迄 なし
上限冊数 なし 1冊
利用期限 60日間 24時間

まずは、サービスを始めて利用する際の新規キャンペーンで比較してみました。
ebookjapan(イーブックジャパン)では、初回会員登録時に70%OFFクーポンがアカウントに自動的に付与されます。

この70%OFFクーポンは上限金額が500円迄ですが、有効期限内で6回まで繰り返し利用できるので最大で3000円の割引になります。

数冊~20冊程の電子書籍を購入するとクーポンを最大限活用することができます。
また、ebookjapanでは公式サイトのストアとは別に、Yahoo!ショッピングにもストアが出店されていてそちらでも新規購入で上限金額・上限冊数なしの50%OFF割引があるので一気にまとめ買いがしたい人はYahoo!ショッピングのebookjapanストアから購入するのがおすすめです。

Yahoo!ショッピングで購入した電子書籍も同期すればアプリ内に追加されます。

一方のBookLive(ブックライブ)にも新規入会者限定の50%OFFクーポンがありますが、こちらは上限冊数が1冊までなので金額にすれば数百円ぐらいです。

新規会員限定ガチャを回すと、下記のようにおまけが付いてくる場合もあります。

おまけが当たったとしても、新規キャンペーンのお得度でebookjapanとBookLive(ブックライブ)を比較するとebookjapanのほうがお得だと言えるでしょう。

ただ稀にBookLive(ブックライブ)では新規会員向けに期間限定で人気漫画全巻が80%OFFになるキャンペーンが開催されます。
最近では、東京卍リベンジャーズやブルーロックといった話題作が全巻80%OFFになっていたのでこのタイミングを狙って新規会員登録するのがおすすめです。

2.ebookjapanとBookLive(ブックライブ)を品揃えでで比較!

※作品数は2023年1月時点に調べた内容です。

サービス名 ebookjapan BookLive(ブックライブ)
取扱い冊数 85万冊以上 132万冊以上
漫画 10000タイトル以上 92000タイトル
雑誌 10000タイトル以上 5190タイトル
小説 10000タイトル以上 99000タイトル
ラノベ 10000タイトル以上 17555タイトル
大人向け 10000タイトル以上 33846タイトル
BL/TL 10000タイトル以上 65000タイトル
無料作品 5000冊以上 29000冊以上

ebookjapan(イーブックジャパン)は、調べても最大1000タイトルまでしか表示されないのでそれ以上詳しく調べる術がありませんでした。

ebookjapanも電子書籍サービスの中では品揃えが豊富なサービスではありますが、BookLive(ブックライブ)はさらにその上を行きます。

ジャンルも上記で紹介した以外にたくさんのジャンルの電子書籍を取り扱っています。

BookLive(ブックライブ)は印刷会社が運営する電子書籍サービスでもあるので、独占配信の漫画やオリジナルマンガレーベルなどBookLive(ブックライブ)だけで読める電子書籍も多数取り揃えているのでこの品揃えになっています。

電子化されていない作品や出版社などは、どの電子書籍サービスでも読むことができませんが、ある程度知名度のある人気作品であればどちらのサービスでも不自由なく読めるでしょう。

それに加えて、マイナー作品やオリジナル作品にも興味がある人はBookLive(ブックライブ)がおすすめです。

3.ebookjapanとBookLive(ブックライブ)をセール・キャンペーンで比較!

ebookjapan BookLive(ブックライブ)
曜日ごとにクーポン配布
金曜日はPayPayポイント還元(最大50%)
毎日引けるクーポンガチャ

この比較項目では、電子書籍サービスでよく不定期に開催されている出版社限定・作品限定・ジャンル限定・作者限定のセールやフェアではなく、電子書籍をお得に購入するために定期的に利用できるセール・キャンペーンを比較しました。

ebookjapan(イーブックジャパン)では、曜日別に割引クーポンが配布されています。

この中でも毎週金曜日に開催されているPayPayポイント還元がお得です。
以前までは最大50%ポイント還元が当たり前で、最近は平均すると30%ポイント還元ぐらいになっていますが、それでもまだ十分お得なキャンペーンで、ebookjapanを利用している人は大体金曜日にまとめ買いしている人が多いです。

PayPayユーザーでPayPay残高で決済することが条件にはなりますが、毎週のようにお得になるタイミングがあるのは利用者にとって嬉しいですね。

一方のBookLive(ブックライブ)は毎日アタリが出るクーポンガチャがあります。

内容としては10%~50%の割引クーポンが当たるのですが、基本的に出てくることが多いのは10%~20%の割引クーポンで、しかも割引クーポンの対象となる作品・出版社・ジャンルが限定されていることがほとんどです。

自分が読みたい電子書籍を定期的にお得に購入できるという意味では、ebookjapanのほうがお得だと思います。

4.ebookjapanとBookLive(ブックライブ)をアプリ(機能)で比較!

サービス名 ebookjapan BookLive(ブックライブ)
本棚機能
ビューア機能
アプリから購入 ×
スクショ ×
オフライン
複数端末同期 最大6台 最大5台
鍵付き本棚

アプリが使いやすい・使いにくいといった点は、例えばシンプルが好きな人もいれば多少複雑でもきちんと管理できたりするほうが好きな人もいるので、実際に無料試し読みをしたりして操作性を確かめてみることをおすすめします。

それ以外に機能面の特徴で比較すると上記のようになります。
見たまんまなので特にこれ以上言うことはありませんが、個人的に言えばebookjapanのアプリで利用できる本棚の背表紙表示機能が気に入っています。

ebookjapanはアプリから購入することができますが、アプリから購入するとクーポンが使えないのでお得に購入したい場合は結局ブラウザから購入する必要があります。

ebookjapanはスクショができませんが、BookLive(ブックライブ)はスクショができるので私的利用でスクショを撮っておきたいという人はBookLive(ブックライブ)がいいですね。

5.ebookjapanとBookLive(ブックライブ)を決済方法で比較!

ebookjapan BookLive(ブックライブ)
PayPay
クレジットカード
キャリア決済
ウェブマネー
ビットキャッシュ
クレジットカード
キャリア決済サービス
電子マネー(WebMoney、モバイルSuica、Google Pay等)
スマホ決済(LINE Pay、PayPay、楽天ペイ)
後払い(あと払い(ペイディ))
Tポイント
プリペイドカード
三省堂書店 店頭決済サービス

どっちのサービスも、それなりに多様な決済方法が選べます。
ただ、ebookjapan(イーブックジャパン)で言えば金曜日のPayPayポイント還元がお得なのでPayPayの利用は必須と考えていいかと思います。

BookLive(ブックライブ)の場合は、「これ使って決済しないと損!」みたいなのは特にありません。

あえて挙げるとすれば、ドコモ系サービスの利用者と相性が良い、Tポイントが貯まるのと店頭決済ができるのでオフラインでの決済手段も備えている点ぐらいでしょうか。

6.ebookjapanとBookLive(ブックライブ)を運営会社で比較!

サービス名 ebookjapan BookLive(ブックライブ)
運営会社 株式会社イーブックイニシアティブジャパン 株式会社BookLive
設立 2000年 2011年
サービス開始 2000年 2012年
親(グループ)会社 ヤフー株式会社 凸版印刷株式会社

電子書籍サービスを選ぶ際に、突然のサービス終了で購入した電子書籍が読めなくなるというリスクを避けるために運営元は大きな企業が望ましいとよく言われています。

その点からebookjapanとBookLive(ブックライブ)を比較してみましたが、どっちも大企業なので突然サービス終了するリスクは限りなく低いと言えるでしょう。

また、仮にサービス終了するとしてもこの規模の企業が何の保証もなしにいきなり「終了しま~す!」ってことはないかなと個人的には思っています。

ebookjapanをおすすめの方はこんな人!

  • お得に電子書籍を購入したい人
  • PayPayを利用している人
  • 定期的に電子書籍を購入したい人
  • まとめ買い・大人買いしたい人(Yahoo!ショッピング版ebookjapan)

ebookjapanの公式サイトはこちら

BookLive(ブックライブ)をおすすめの方はこんな人!

  • マイナー作品やオリジナル作品も読みたい人
  • Tポイントが貯まっていて使いたい人
  • 無料でたくさんの作品が読みたい人

BookLive(ブックライブ)の公式サイトはこちら

まとめ

ebookjapanとBookLive(ブックライブ)を6つの項目で比較してみました。

最後にまとめると、どっちを使うべきか?は安く電子書籍を購入したい人はebookjapan、品揃え重視の人はBookLive(ブックライブ)がおすすめです。

ただ、ebookjapanとBookLive(ブックライブ)のようにハッキリと強みが分かれているサービスは両方利用するのもおすすめです。

あまり色々なサービスを同時に使うと、どこで何を買ったか忘れてしまったりしますが、2つか3つぐらいであればそんなに混乱することもないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました