BookLive(ブックライブ)とDMMブックス(旧:電子書籍)はどっちがおすすめ?重要な6つの項目で徹底比較

BookLive(ブックライブ)DMMブックス(旧:電子書籍)の比較 比較

BookLive(ブックライブ)とDMMブックス(旧:電子書籍)をサービス選びで重要な6つの項目で比較しています。

BookLive(ブックライブ)とDMMブックス(旧:電子書籍)は、どちらも電子書籍を扱っているサービスになりますが、どのような違いがあるのか?どっちを使えばいいのか?を利用する前に詳しく知っておきたい人の参考になれば幸いです。

BookLive(ブックライブ)とDMMブックス(旧:電子書籍)を重要6項目で比較しました!

1.新規キャンペーンで比較 新規会員登録キャンペーン・クーポンで比較しています。
2.品揃えで比較 取扱い冊数やジャンル、条件で比較しました
3.セール・キャンペーンで比較 定期的に開催されるセールやキャンペーンで比較しました
4.アプリ(機能)で比較 アプリや機能面で比較しました
5.決済方法で比較 決済方法の豊富さで比較しました
6.運営会社で比較 サービス終了可能性を運営会社の信頼性で比較しています

上記の6つの項目で、BookLive(ブックライブ)とDMMブックス(旧:電子書籍)を比較してみました。知りたい比較項目からチェックできるように項目をクリックすれば飛べるようになっています。

1.BookLive(ブックライブ)とDMMブックス(旧:電子書籍)を新規キャンペーンで比較!

サービス名 BookLive(ブックライブ) DMMブックス(旧:電子書籍)
初回クーポン内容 50%OFFクーポン 70%OFFクーポン
上限金額 なし 3000円
上限冊数 1冊 なし
利用期限 24時間 7日

初めて利用する人が使えるクーポンで両者の違いを比較してみました。
BookLive(ブックライブ)では、新規入会者限定のクーポンガチャがあって1冊だけ使える50%OFFクーポンが貰えます。

また、運が良ければ下記のようにオマケが付くこともあります。

その他に、常に開催されているわけではありませんが年に数回だけ期間限定でその時話題になっている人気漫画の全巻まとめ買いが80%OFFになる新規入会キャンペーンがあります。

2022年は東京卍リベンジャーズやブルーロックといった作品が対象になっていたので、流行っているの漫画を安く読みたい人はこのタイミングを狙って登録するのもおすすめです。

一方で、DMMブックスは初回購入限定の70%OFFクーポンが貰えます。

こちらは上限金額が3000円と決まっているので、ざっくり計算で約4500円の買い物をすると70%OFFクーポンを最大限活用することができます。

コミックで言えば大体10冊いかないぐらいをまとめ買いする時にお得ですね。

通常時の新規キャンペーンならDMMブックスですが、期間限定のキャンペーンを行っている時はBookLive(ブックライブ)もお得です。

2.BookLive(ブックライブ)とDMMブックス(旧:電子書籍)を品揃えで比較!

※作品数は2023年1月時点に調べた内容です。

サービス名 BookLive(ブックライブ) DMMブックス(旧:電子書籍)
取扱い冊数 132万冊以上 67万冊以上
漫画 92000タイトル 88915タイトル
雑誌 5190タイトル 1403タイトル
小説 99000タイトル 60807(文芸含む)
ラノベ 17555タイトル 15036タイトル
大人向け 33846タイトル 5万冊以上
BL/TL 65000タイトル 64770タイトル
無料作品 29000冊以上 21026冊

品揃えで言えば、どちらもある程度の知名度や人気のある作品に関しては特に問題なく取扱いがあります。

(電子書籍化されていない作品や、出版社直営の漫画アプリでしか読めない少年ジャンプなどは除く)

全体的に見れば、オリジナルマンガレーベルや独占配信の漫画を持つなどマイナー作品も揃えている分BookLive(ブックライブ)のほうが品揃えは多いと言えるでしょう。

ただ、大人向けジャンルに関してはDMMブックスが突き抜けています

というのも、DMMブックスにはFANZAブックスと呼ばれる大人向け作品のみを扱うサービスがあって厳密に言えば運営会社の違う別サービスなのですが、どちらも同じアカウントで購入できて読めるので大人向けジャンルには強みがあります。

品揃えで選ぶ場合は、「マイナー作品を読みたいか?(BookLive)」「大人向けを読みたいか?(DMMブックス)」といった点で選ぶのがおすすめです。

3.BookLive(ブックライブ)とDMMブックス(旧:電子書籍)をセール・キャンペーンで比較!

BookLive(ブックライブ) DMMブックス(旧:電子書籍)
毎日引けるクーポンガチャ DMMブックススーパーセール

出版社・作品・作者限定の不定期セールやフェアは、大体どの電子書籍サービスでも行われているのですが、不定期かつ内容もバラバラなので単純に比較するのは難しいのでここでは定期的に開催されているセールやキャンペーンで比較しました。

BookLive(ブックライブ)では、毎日アタリが出るクーポンガチャがあります。

10%~50%の割引クーポンが当たるガチャですが、利用できる対象作品や出版社、ジャンルが決まっていることが多く、割引率も10%~20%のクーポンが多いです。

なのでお得になるか?は運やタイミングにかかっています。

一方のDMMブックスでは毎年定期的に3回ほどDMMスーパーセールが行われています。

開催時期はゴールデンウィーク・夏休み・年末年始のタイミングで開催されて人気作品から最新刊まで57万作品以上が30%~70%ポイント還元の対象となります。

※DMMブックススーパーセールは新規キャンペーンと併用も可能です。

このDMMブックススーパーセールが開催されると大きな話題になるのは「DMMブックスではポイントを使って購入した場合もポイントが付与される」からです。

DMMブックススーパーセールのポイント還元は、購入したらすぐにポイントが付与されて、そのポイントを使って別の電子書籍を購入すると、またすぐにポイントが付与されます。

なのでDMMブックスを利用している人は、この年3回のスーパーセールのタイミングで全巻まとめ買いや大人買いをする人がとても多いです。

セール・キャンペーンで選ぶ際には、「読みたい作品を頻繁に少しずつ買い足していきたいか?(BookLive)」「読むのを少し我慢してもお得に購入したいか?(DMMブックス)」といった点で選ぶのがおすすめです。

4.BookLive(ブックライブ)とDMMブックス(旧:電子書籍)をアプリ(機能)で比較!

サービス名 BookLive(ブックライブ) DMMブックス(旧:電子書籍)
本棚機能
ビューア機能
アプリから購入 × ×
スクショ △(PC版は×)
オフライン
複数端末同期 最大5台 無制限
鍵付き本棚

読みやすさや画質にこだわりを持つ人は、実際にアプリをインストールして無料作品を読んでみるのがおすすめです。

その他の機能面の特徴で言うと、DMMブックスのスクショ「△」の評価については自分の環境だとスマホアプリ(iOS)だとスクショできたのですが、パソコンのブラウザでスクショすると真っ白な画像が保存されるので△としました。

その他で言えば、DMMブックスは複数端末の同期が無制限ですが、さすがに5台ぐらい共有できれば特に差はないかなと個人的には思っています。

鍵付き本棚機能について少し補足すると、どちらも本棚に鍵をすることができますがDMMブックスは「アプリ自体をロック」する機能も備えています。

さすが大人向け作品が充実しているだけに、ガードも頑丈かなといった感じです。

機能面に関しては言えば、そこまで大きな違いはないかなと思います。
後はやっぱり実際にビューアを使ってみて、自分にとってどちらが扱いやすいか?試してみましょう。

5.BookLive(ブックライブ)とDMMブックス(旧:電子書籍)を決済方法で比較!

BookLive(ブックライブ) DMMブックス(旧:電子書籍)
クレジットカード
携帯電話会社決済サービス
電子マネー(WebMoney、モバイルSuica、Google Pay等)
スマホ決済(LINE Pay、PayPay、楽天ペイ)
後払い(あと払い(ペイディ))
ポイント
プリペイドカード
三省堂書店 店頭決済サービス
クレジットカード
DMMポイント
キャリア決済
銀行振込
コンビニ店頭支払い
コード決済
DMMプリペイドカード
PayPal

決済手段に関しては、どちらもそれなりに支払い方法が用意されているので特に不便を感じることはないかなと思います。

一点挙げるとするならば、DMMブックスというかDMM関連のサービスではマスターカードの取扱いが終了したのでクレジットカードでもマスターカードは利用できません

ただ、決済に利用できるDMMポイントはAmazon payに対応しているのでAmazon payを経由させればマスターカードを使って購入することも可能です。

6.BookLive(ブックライブ)とDMMブックス(旧:電子書籍)を運営会社で比較!

サービス名 BookLive(ブックライブ) DMMブックス(旧:電子書籍)
運営会社 株式会社BookLive 合同会社DMM.com
設立 2011年 1999年
サービス開始 2012年 2000年
親(グループ)会社 凸版印刷株式会社

電子書籍サービスでは、突然サービス終了して購入した電子書籍が読めなくなった!という事態を避けるためにできるだけ運営元がしっかりしているサービスを選ぶのが良いとされています。

その点でも見てみると、BookLive(ブックライブ)もDMMブックスもそこまで心配いらないかなと思います。

もちろん、可能性は0ではありませんが、この規模の企業が潰れるなら諦めもつくでしょう。

BookLive(ブックライブ)をおすすめの方はこんな人!

  • マイナー作品も読みたい人
  • 読みたい作品を頻繁に少しずつ買い足していきたい人
  • 小説も読みたい人

BookLive(ブックライブ)の公式サイトはこちら

DMMブックス(旧:電子書籍)をおすすめの方はこんな人!

  • 大人向け作品も読みたい人
  • 読むのを少し我慢してもお得に購入したい人
  • まとめ買いして一気読みするのが好きな人

DMMブックス(旧:電子書籍)の公式サイトはこちら

まとめ

BookLive(ブックライブ)とDMMブックス(旧:電子書籍)をサービス選びで重要な6つの項目で比較してみました。

まとめると、電子書籍で読みたい作品のジャンルや購入頻度による安さの違いが両サービスの大きな違いかなと思います。

場合によっては、両方のサービスを使い分けるのもおすすめです。
あまり多くの電子書籍サービスで電子書籍を購入するとどこで何を買ったか?がわからなくなってしまいますが、ある程度であれば管理できますし、購入するジャンルやタイミングでお得なサービスを使い分けることでメリットを最大限生かすこともできるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました