BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアはどっちがおすすめ?重要な6つの項目で徹底比較

比較

BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアをサービス選びで重要な6つの項目で比較しています。

BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアは、どちらも電子書籍を扱っていて利用者も多い人気サービスですが、どういった違いがあるのか?利用する前に詳しく知っておきたい人のためにサービスの特徴を比較してみました。

BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアを重要6項目で比較しました!

1.新規キャンペーンで比較 新規会員登録キャンペーン・クーポンで比較しています。
2.品揃えで比較 取扱い冊数やジャンル、条件で比較しました
3.セール・キャンペーンで比較 定期的に開催されるセールやキャンペーンで比較しました
4.アプリ(機能)で比較 アプリや機能面で比較しました
5.決済方法で比較 決済方法の豊富さで比較しました
6.運営会社で比較 サービス終了可能性を運営会社の信頼性で比較しています

上記の6つの項目で、BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアを比較してみました。知りたい比較項目からチェックできるように項目をクリックすれば飛べるようになっています。

6つの比較項目に移る前に、両サービスの大きな違いとしてコミックシーモアには電子書籍の都度払い以外に読み放題プラン2泊3日のレンタル作品があるので紹介しておきたいと思います。

読み放題やレンタルの対象作品は、取扱い作品全体の一部になります。
昔の作品やマイナー作品が対象になっていることが多く、話題になっている人気漫画などはほぼ全て対象外と言っていいでしょう。

ただ、BookLive(ブックライブ)には読み放題やレンタル作品はないので、自分の読みたい作品が読み放題やレンタルの対象作品になっている場合はコミックシーモアがおすすめです。

1.BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアを新規キャンペーンで比較!

サービス名 BookLive(ブックライブ) コミックシーモア
初回クーポン内容 50%OFFクーポン 70%OFFクーポン
上限金額 なし なし
上限冊数 1冊 1冊
利用期限 24時間 約30日

BookLive(ブックライブ)は、必ず貰える新規会員限定の割引クーポンとして1冊に利用できる50%OFFクーポンがあります。

こちらのガチャではオマケとして追加でクーポンが貰えることも!

上記以外に、BookLive(ブックライブ)では期間限定の新規会員キャンペーンとして話題になっている人気漫画の全巻まとめ買いが80%OFFになるキャンペーンもたまに実施されています。

過去には東京卍リベンジャーズやブルーロックといった話題作が80%OFFの対象となっていました。

一方のコミックシーモアでは、1冊に利用できる70%OFFクーポンが貰えます。

必ず貰える初回キャンペーンで言えばコミックシーモアのほうがお得ですが、時期やガチャでの運によってはBookLive(ブックライブ)がお得になる可能性を秘めています。

とは言っても、どちらのサービスも初回キャンペーンがお得な電子書籍サービスと比較した場合は見劣りするかなといった印象です。

2.BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアを品揃えでで比較!

※作品数は2023年1月時点に調べた内容です。

サービス名 BookLive(ブックライブ) コミックシーモア
取扱い冊数 132万冊以上 106万冊以上
漫画 92000タイトル 約40000タイトル
雑誌 5190タイトル 3802タイトル
小説 99000タイトル 21万タイトル(実用書含む)
ラノベ 17555タイトル 54305タイトル
大人向け 33846タイトル 32564タイトル
BL/TL 65000タイトル 44000タイトル
無料作品 29000冊以上 2万冊以上(立ち読み増量も含む)

続いて、品揃えですが印刷業界大手が運営するBookLive(ブックライブ)のほうが品揃えは豊富です。

ジャンル別でも全体的にBookLive(ブックライブ)のほうが取扱いが多いですが、ラノベ&小説のジャンルにおいてはコミックシーモアも品揃えは豊富です。

BookLive(ブックライブ)では、オリジナルレーベルの漫画や独占配信の漫画がより充実している印象です。

どちらにしても、ある程度知名度のあるメジャー作品であれば品揃えはそこまで大きくは変わりません。

また、スラムダンクのように電子書籍化されていない作品や、週刊少年ジャンプのように出版社直営の電子書籍サービスでしか配信されていない雑誌はどちらのサービスでも取り扱いはありません。

コミックシーモアのレンタル対象作品は約11万冊以上となっているので取扱い作品の約10分の1の作品がレンタル対象となっています。

3.BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアをセール・キャンペーンで比較!

BookLive(ブックライブ) コミックシーモア
毎日引けるクーポンガチャ 月額メニューのゲリラキャンペーン
電子コミック大賞キャンペーン

電子書籍サービスでは、出版社・作者・作品限定の不定期セールやフェアがよく開催されていて実際にBookLive(ブックライブ)でもコミックシーモアでも行われていますが不定期なので比較が難しいです。

この比較項目では、両サービスでそれぞれ定期的にお得に電子書籍が買えるセールやキャンペーンを比較しています。

BookLive(ブックライブ)では毎日アタリが出るクーポンガチャが回せます。

10%~50%の割引クーポンがあたりますが、大体10%~20%の割引クーポンが良く出てきます。また、割引クーポンは対象作品やジャンルが限定されていることが多いです。

なのでBookLive(ブックライブ)ユーザーはお気に入りに欲しい作品を入れておいて、ガチャで使えるクーポンが出たらその都度購入すると人が多いです。

一方のコミックシーモアでは、電子書籍の購入に使うポイントをある程度まとまった金額で購入するとポイント還元が受けられます。

下記は月額メニューのポイント還元率です。

都度払いだと最大20%、月額メニューだと最大30%の還元が受けられるのですが、月額メニューのポイント還元率が通常の3倍になるゲリラキャンペーンがお得です。
(管理人の体感としては春・夏・冬の年3回ぐらい)

自分の読みたい本を読みたい時にお得に購入できるセール・キャンペーンという視点で比較すると、コミックシーモアのポイント還元がお得かなという印象ですが、どちらも不定期キャンペーンやセールで自分の読みたい作品がタイミングよくセール対象になったタイミングで購入する買い方がメインになってくるかなと思います。

4.BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアをアプリ(機能)で比較!

サービス名 BookLive(ブックライブ) コミックシーモア
本棚機能
ビューア機能
アプリから購入 × ×
スクショ
オフライン
複数端末同期 最大5台 最大5台
鍵付き本棚 ×

使いやすい・使いにくいといった部分は人それぞれだと思うので、両方の無料作品を試し読みして実際の読みやすさなどを比較するのがおすすめです。

そういった点以外での機能面の特徴としては、どちらもアプリから直接電子書籍を購入することができないので、一度ブラウザでWEB版の公式ストアから購入しなければいけないひと手間があります。

また、BookLive(ブックライブ)には人に見られたくない作品を隠す鍵付き本棚機能がありますが、コミックシーモアにはそのような機能がありません。

シーモア島と呼ばれるコミックシーモア利用者同士のコミュニティーでも、鍵付き本棚機能を付けてほしいといった声が度々上がっていますが、それでもずっと実装されていないのでおそらく今後も鍵付き本棚が実装されることはないかなと思います。

5.BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアを決済方法で比較!

BookLive(ブックライブ) コミックシーモア
クレジットカード
携帯電話会社決済サービス
電子マネー(WebMoney、モバイルSuica、Google Pay等)
スマホ決済(LINE Pay、PayPay、楽天ペイ)
後払い(あと払い(ペイディ))
Tポイント
プリペイドカード
三省堂書店 店頭決済サービス
クレジットカード決済
キャリア決済
PayPay
LINE Pay
Apple Pay
d払い
PayPal
WebMoney
楽天Edy
BitCash
NET CASH
楽天ペイ
Yahoo!ウォレット

電子書籍サービスの中には、特定の支払い方法だとポイントやコインの還元率が高くなったり、低くなったりするサービスもありますが、BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアにおいてはそのような支払い方法は特にないので自分が普段使っている決済手段をそのまま利用しても問題はないでしょう。

強いて言えば、コミックシーモアのポイント還元はクレジットカード決済した時が還元率が一番高くなるのでおすすめはクレジットカード決済です。

どちらも決済手段は豊富です。
特徴としては、BookLive(ブックライブ)はTポイントを貯めたり使えたりするのと、店頭決済サービスもあるのでTポイントを使いたい人やオフラインで決済したい人にはおすすめです。

6.BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアを運営会社で比較!

サービス名 BookLive(ブックライブ) コミックシーモア
運営会社 株式会社BookLive NTTソルマーレ株式会社
設立 2011年 2002年
サービス開始 2012年 2003年
親(グループ)会社 凸版印刷株式会社 西日本電信電話株式会社

電子書籍サービス選びでは、突然のサービス終了リスクを減らすために利用するサービスの運営元は大手企業が良いとよく言われています。

その点で言えば、BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアも親会社は規模の大きな企業なので安心して利用することができるでしょう。

BookLive(ブックライブ)をおすすめの方はこんな人!

  • マイナー作品など品揃え重視で選びたい人
  • Tポイントを使って電子書籍を買いたい人
  • 鍵付き本棚の機能を利用したい人

BookLive(ブックライブ)の公式サイトはこちら

コミックシーモアをおすすめの方はこんな人!

  • 読み放題サービスを利用したい人
  • レンタル対象作品をレンタルで読みたい人
  • 定期的にお得に電子書籍を購入したい人
  • 主にラノベ・小説を電子書籍で読みたい人

コミックシーモアの公式サイトはこちら

まとめ

BookLive(ブックライブ)とコミックシーモアを6つの項目で比較してみました。
大きな違いとしては、読み放題とレンタル作品の有無になってくるかなと思います。

どちらも定期的に開催される大規模なセールなどは特に開催されていないので、電子書籍を安く買えるか?といった点ではやや劣るかなと思います。

大体20%前後ぐらいの割引率で買えるようなイメージです。
ただ不定期セールやキャンペーンではお得な瞬間もあったりするので、タイミングよく魅力的なセールやキャンペーンが開催されているタイミングで電子書籍を購入するのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました